米コロナ拡大、医薬品の対中依存に警鐘 ’Wake-up call': Chinese control of U.S. pharmaceutical supplies sparks growing concern


 中国と米国の間でCOVID―19をめぐる非難の応酬が過熱する一方で、中国国営メディアは、中国政府が医薬品業界へ影響力を行使する可能性を指摘、不安が高まっている。重要な薬品材料などを中国に依存する米国の製薬企業への供給を絶ち、米国を「新型コロナウイルス感染の地獄」に落とそうとするのではないかとみられている。

 インドや欧州各国は、世界的な医療サプライチェーンで重要な役割を担っているが、中国はその中でも、米国で消費される抗生剤などの処方薬の基本材料となる医薬品有効成分(API)の最大の供給国だ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ