世界日報 Web版

トランプ氏が改めて「中国ウイルス」と表現


中国の初動対応にも不満

 トランプ米大統領は18日、会見で、新型コロナウイルスを改めて「中国ウイルス」と呼んだ。また、新型ウイルスの発生について中国が「もっと早くわれわれに知らせることができたはずだ」と述べ、発生当初、隠蔽(いんぺい)を図ったことで初動対応が遅れたことに不満も述べた。

トランプ大統領

18日、米ホワイトハウスで、新型コロナウイルスをめぐり記者会見するトランプ大統領(EPA時事)

 トランプ氏は16日にもツイッターで「中国ウイルス」と表現し、中国側は「汚名を中国に着せる行為」だとして抗議している。

 中国外務省の報道官は先週、米軍が新型コロナウイルスを中国に持ち込んだと主張。トランプ氏があえて「中国ウイルス」と呼んだのは、こうした宣伝工作に対抗する狙いがあるとみられる。

 会見冒頭でトランプ氏は「中国ウイルスに対する戦争」と述べた。記者から「中国系米国人に対する偏見の事例がある中、なぜ用いるのか」とその理由を尋ねられ、「それは中国から来たからだ。私は正確でありたい」と主張。さらに「まったく人種差別主義者ではない」と反論した。

 トランプ氏はまた、新型ウイルスについて「もっと早く知っていれば助けになったはずだ」と述べ、中国の初動対応の遅れにより、新型ウイルスの感染拡大が進んだことを示唆した。

 トランプ氏はまた、米主要3紙の米国記者の記者証を無効にした中国の決定について「私はそれについて不満だ」と不快感を口にした。