世界日報 Web版

4州でバイデン氏勝利


ミシガン制しサンダース氏と差拡大
民主党指名獲得へ前進

 米大統領選の民主党の候補者指名争いは10日、予備選が6州で実施された。中道派のバイデン副大統領(77)が中西部ミシガン州など4州を制し、指名獲得に大きく前進した。一方、サンダース上院議員(78)は厳しい戦いを強いられている。

バイデン前副大統領

10日、米東部ペンシルベニア州フィラデルフィアで支持者に語り掛けるバイデン前副大統領(右)(AFP時事)

 バイデン氏は、黒人層や女性層、郊外の白人有権者らの支持を受け大票田のミシガン(代議員数125人)のほか、中西部ミズーリ(同68)、南部ミシシッピ(同36)、西部アイダホ(同20)の各州で勝利を確実にした。サンダース氏有利とみられた西部ワシントン州(同89人)は接戦となっている。

 指名獲得に必要な代議員数は1991人だが、米メディアによると11日深夜の時点で、バイデン氏が787人、サンダース氏が647人をそれぞれ獲得し、その差が広がっている。

 バイデン氏は10日夜、ペンシルベニア州フィラデルフィアで支持者を前に演説し、「われわれはホワイトハウスの品格、尊厳、名誉を回復することに一歩近づいている」と勝利を宣言。サンダース氏やその支持者に向けては「トランプ氏を倒すという共通の目標を共有している」と述べ、指名獲得後を見据えて党内融和を呼び掛けた。

500

 焦点となったミシガン州は、開票率99%の時点でバイデン氏が53%で、サンダースの37%を大幅に上回った。サンダース氏は同州を中心に選挙戦を展開し、先週のスーパーチューズデーで勝利したバイデン氏の勢いを止めることを図ったが、敗北に終わったことは打撃となった。

 ミシガン州は白人労働者層が住むラストベルト(さび付いた工業地帯)の一角で、サンダース氏は2016年の予備選で「本命」とされたクリントン氏に予想外の勝利を収め勢いに乗った。今回、サンダース氏はバイデン氏がかつて北米自由貿易協定(NAFTA)に賛成票を投じたことなどを批判したが、支持基盤の若者層の投票率が伸びず、支持の広がりも欠いた。

(ワシントン 山崎洋介)