世界日報 Web版

兵士を脅かすウイルスと世界中で戦う米国防総省 Pentagon in global battle against viral threat to troops


 目に見えない敵による多方面からの攻撃に対し、米国防総省は対応に追われている。

 危険なコロナウイルスが大陸から大陸へと拡散する中、米軍当局者は重要な軍事演習を延期したり、米兵を基地内に留めることを強いられている。一方、国防総省高官は、感染地域に派遣される兵士や世界中の港を訪れる水兵を守るため、この数週間、ほぼ毎日会議を開いている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ