世界日報 Web版

北極への進出強化する中露 Pentagon pressed on Russian, Chinese push in Arctic


 国防総省は、砕氷船、戦略的港湾を整備し、通信を向上させてロシアと中国に北極の新航路を支配させないようにすべきだ。軍・国防当局者らが3日、議会で証言した。

 テレンス・オショーネシー北方軍司令官(大将)は、米国の敵国は北極を、将来の米本土への通常型ミサイルなどによる攻撃の起点と考えていると警告した。

 オショーネシー氏は上院軍事委員会即応・管理小委員会で「米国とカナダは、現実の重大な脅威に直面している。北極はもはや防護壁ではない。海洋はもはや防御のための堀ではない。すでに先進通常兵器と輸送プラットフォームを送り込むための通り道になっている」と証言した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ