世界日報 Web版

左派サンダース氏が連勝


民主党のネバダ州党員集会
中南米系の支持獲得

 11月の米大統領選に向けた民主党指名候補争いの第3戦となるネバダ州党員集会が22日に実施され、急進左派のサンダース上院議員(78)が他候補を引き離し勝利を確実にした。中道派のバイデン前副大統領(77)が2位、ブティジェッジ前インディアナ州サウスベンド市長(38)が3位となっている。

サンダース上院議員

22日、米テキサス州エルパソで演説する民主党大統領候補指名を争うサンダース上院議員(AFP時事)

 開票率50%の段階でサンダース氏は46・6%の票を得ている。バイデン氏が19・2%で2位につけ、ブティジェッジ氏が15・4%、急進左派のウォーレン上院議員が10・3%、中道派のクロブシャー上院議員が4・5%で続いた。

 サンダース氏は来月3日に予備選が行われるテキサス州で演説し、「ネバダ州では多世代、多民族の連合を構築した。これはネバダ州だけの勝利ではなく、この国を席巻するだろう」と強調した。

 サンダース氏は左派層に加え、中南米系の有権者が多いネバダ州でマイノリティー票を掘り起こしたほか、穏健・無党派層にも支持を広げた。29日のサウスカロライナ州予備選や来月3日の「スーパー・チューズデー」に向け弾みをつけた。

 若者を中心とした熱狂的な支持者や組織力、集金ネットワークを持つサンダース氏は、全国規模の世論調査でもトップを走り、「フロント・ランナー」としての立場を明確にしている。

 アイオワ、ニューハンプシャー両州で振るわなかったバイデン氏は、大差をつけられたものの2位に踏みとどまっており、次戦のサウスカロライナ州予備選に向け望みをつないだ形だ。同州はバイデン氏が強みを持つ黒人の有権者が多く、同氏にとって「防火壁」とされる。

 序盤2州で躍進し注目を集めたブティジェッジ氏は、マイノリティー層への浸透が進まず、3位にとどまっている。

 予備選が集中するスーパー・チューズデーからは、巨額の広告費を投じ支持率を上昇させているブルームバーグ前ニューヨーク市長も参戦し、中道派間の混戦に拍車が掛かりそうだ。

 サンダース氏はスーパー・チューズデーの大票田であるカリフォルニア、テキサス両州でも優位な戦いを進めている。今後、中道派の中で穏健層の支持を結集し、サンダース氏に対抗し得る候補が現れるかが注目される。

(ワシントン 山崎洋介)