世界日報 Web版

米政権、宗教迫害との戦いで世界の同盟国を募る U.S. recruits global allies to fight religious persecution


 トランプ米大統領とマイク・ポンペオ国務長官は、米外交政策において宗教の自由の理念を前例のない地位に引き上げた。ただ、24カ国以上の友好国による正式な同盟組織の設立については、その詳細をめぐり、答えだけでなく多くの疑問点が浮かび上がっている。

 国務省高官は先週、「国際宗教自由同盟」に加盟した27カ国のリストを公表した。この組織は、数百万のキリスト教徒、イスラム教徒、ユダヤ教徒、仏教徒、その他の宗教の信者に対する世界各地の政治体制による迫害と呼べる状況に対応することを約束している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ