世界日報 Web版

WHOがウイルス命名、中国への「不名誉」回避 WHO avoids ‘stigmatizing’ China with new coronavirus name


 1000人以上の死者を出した新型肺炎で、航空機の飛行が中止になり、貿易が滞っている。この肺炎を引き起こす新型コロナウイルスは「COVID―19」と命名された。「コロナウイルス」、「ディジーズ(病気)」、発見された年を合わせて付けられた。100年前のスペイン風邪のように、場所や人に病気の名称を関連付けることによる不名誉を避けるためだ。

 これは今後のコロナウイルス命名の手本ともなる。最後に年を加えるだけだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ