世界日報 Web版

英が5Gでファーウェイ製品容認、米議会が超党派で反発


ファーウェイ

 英国が先月28日、次世代通信規格「5G」網に中国通信機器最大手・華為技術(ファーウェイ)製品の採用を一部認める判断を下したことに、超党派の米議員から非難の声が相次いだ。米国で中国によるスパイ行為や重要インフラへのサイバー攻撃への懸念が高まる中、「特別な関係」とされる英国との温度差を浮き彫りにしている。(ワシントン・山崎洋介)

情報共有への懸念広がる


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ