世界日報 Web版

アフリカ駐留米軍縮小に専門家ら警鐘 U.S. warned against pullback in Africa


 国防総省のアフリカ駐留軍削減計画が強い反対に遭っている。欧米各国のアフリカ専門家、軍情報筋らは、削減によって、アフリカ大陸を切り刻むことを目指すテロ組織の復活を促進することになると警鐘を鳴らす。

 エスパー国防長官は今週、改めて、アフリカに駐留する約5000人の米兵の削減を検討していることを明らかにした。中国封じ込めのため太平洋地域に軍事力をシフトする大規模な方針転換の一環だ。当局者らは、配備見直しは依然、検討中であることを明らかにした。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ