世界日報 Web版

アメリカ社会を蝕む「絶望死」


加瀬 みき

アメリカン・エンタープライズ研究所客員研究員 加瀬 みき

 アメリカ経済は好調である。株式市場は右肩上がり、史上最高値が頻繁に更新される。失業率も昨年12月で3・5%と1969年以来の最低である。ところが一方では先進国の中で唯一平均寿命が短くなり、「絶望死」が大幅に増えている。

 日本の平均寿命は84・1歳(2017年)で世界第2位、しかしアメリカは47位で78・54歳。14年の74・9歳をピークに以降下がり続けている。18年の死亡率は17年比1・22%増、17年は前年比1・24%増であった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ