世界日報 Web版

「米軍に死傷者なし」―トランプ氏


イランへの反撃に言及せず

 イランによるイラクの米軍駐留基地へのミサイル攻撃を受け、トランプ米大統領は8日、ホワイトハウスで演説し、米国人に死傷者は出なかったと発表。イランはさらなる攻撃を「抑制しているようだ」との見方を示し、反撃について言及せず、新たに経済制裁を科す考えを示した。

 トランプ氏は「我々は死傷者を出さず、軍事基地では最小限の損害しか受けなかった」と説明。イランがさらなる攻撃をする可能性が低いとの認識を示した上で、「関係者全員や世界にとって非常に良いことだ」と述べた。

 トランプ氏は演説の冒頭で、「私が米国の大統領である限り、イランが核兵器を持つことは許されない」と改めて明言。攻撃を受け追加の経済制裁を課す意向を示し、「イランの態度が変わるまで強力な制裁を継続するだろう」と強調した。

 一方、「我々は素晴らしい軍隊を持っているが、使いたくはない」と述べ、軍事力行使に慎重な考えを表明。「米国の軍事力と経済力が最高の抑止力だ」と述べ、今後も「最大限の圧力」をかけ続けることで核計画の放棄を求める方針を示した。

 トランプ氏はまたイランの国民や指導者に向け、「我々は平和を求めるすべての人と平和を信奉する準備ができている」として、対話による解決を呼びかけた。

 2015年のイラン核合意については、「非常に欠陥があり、イランに核兵器への迅速かつ確実な道を開く」と改めて指摘。関係国に核合意からの離脱を呼びかけた。

(ワシントン・山崎洋介)