世界日報 Web版

「狂乱の2020年代」にならないようにするには Tempering the ‘roaring 2020s’


 20年代が再びやって来た。新たな世紀に向かって一回転したのだ。今度の20年代は、皆の曽祖父の時代の20年代とは違うものになるだろう。21世紀の3番目の10年代は、前の世紀と同じような、やりたい放題の精神では発進しなかったが、人間の飽くことなく、進歩を望むペースにもとることなく、次世代の幾何級数的に変化を遂げているエネルギーの世界に引きずり上げられているのだ。もしも、新たな10年代に突入するに当たっての決意が、100年前の動乱期に降り掛かったような衝突を避けることであるなら、米国人は、慎重であることの意味合いを深く考えて、そうあろうとの意欲を強化する必要があるであろう。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ