世界日報 Web版

宗教施設での銃撃死亡事件が2500%増加 Security worries hit sense of sanctuary


 1999年以降、宗教施設に対する死者を伴う攻撃が2500%増加、宗教指導者らは、聖域を汚すことなく守る道を模索している。キリスト教会の警備コンサルタントらは、暴力の増加には複数の要因があると指摘する。銃撃事件、宗教を標的とした憎悪犯罪が増加し、対立が宗教施設にまで及び、世俗主義が拡大している、これらすべてが原因だという。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ