世界日報 Web版

ウイグル人権法案と米国の現在


櫻田 淳

東洋学園大学教授 櫻田 淳

 去る9月中旬、米国連邦議会上院は、マルコ・A・ルビオ(上院議員/共和党、フロリダ州選出)とロバート・メナンデス(上院議員/民主党、ニュージャージー州選出)が超党派で提出した「2019年ウイグル人権政策法案」を全会一致で可決した。

 去る12月3日、米国連邦議会下院は、この法案に修正を施した上で、「ウイグル介入と地球規模の人道に係る統一対応法案」として賛成407、反対1の圧倒的多数で可決した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ