世界日報 Web版

ボリビア・モラレス大統領辞任


モラレス氏

長期政権崩壊で混沌

 南米ボリビアの反米左派エボ・モラレス大統領が今月10日、不正選挙疑惑の抗議デモが高まる中で辞任を発表し、メキシコに亡命した。盤石と思われたモラレス氏の長期政権が崩壊、その後のボリビアの状況は混沌(こんとん)としており、政情不安な国を多く抱える南米全体への影響も懸念されている。(サンパウロ・綾村 悟)

南米各国に波及の可能性


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ