世界日報 Web版

米企業への中国の圧力に対抗を、NBA問題で専門家


アダム・シルバー氏

 先月4日、NBAの人気チーム「ヒューストン・ロケッツ」のゼネラルマネジャー、ダリル・モーリー氏は、ツイッター上に「自由のために闘おう。香港と共に立ち上がろう」と書かれた画像を投稿するなど、香港の民主派デモへの支持を表明。これが中国による強い反発を招いた。

 中国国営テレビがNBAのプレシーズンマッチを放映しないと発表したほか、中国の公式パートナー企業全社がNBAとの提携を中止した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ