世界日報 Web版

「ウクライナは兄弟国家」を強調 プーチン大統領が大規模な内外記者会見


500

メディア統制強化の質問は一つ

 ロシアのプーチン大統領は19日、9回目となる大規模な内外記者会見を行った。会見では、欧州連合(EU)加盟問題で揺れるウクライナについての質問が目立ち、プーチン大統領は「ウクライナは兄弟国家だ」として、同国への経済支援の必要性を強調した。一方で、野党勢力、言論の自由についての質問はわずか各々一つにとどまった。
(モスクワ支局)

 地方記者は石炭不足を「直訴」


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ