世界日報 Web版

新たな「冷戦」の兆し A new Cold War beckons


 ウラジーミル・プーチンの、米国とその中東や中欧における同盟国への挑戦――脆弱(ぜいじゃく)な彼の国内経済を顧みずやっているのだが――は、そうは言っても、効いてはいる。彼は、大胆にも、背後からではなく、正面から、指導している。ロシアの主要輸出品である、石油・ガスの価格の急落、米国およびその同盟国による限定的制裁などは、国内の物資不足やインフレを引き起こしているのだが、プーチン氏は、構わず、挑戦している。

 最初は虚勢を張っていた1930年代のファシストの独裁者らのように、ロシアの大統領も虚勢を張っている。歴史が明らかにしているように、ヒトラーはひそかに、フランスや西側の同盟国と次々に遭遇するたびに、フランスおよびその同盟国が撤退の指令を出したら、後退したいと思っていた。しかし、そのようなことをする者はいなかったのだ。

 一事成れば万事成る、で、成功のように次から次に続くものはない――もっとも、裏を返せば、成功ほど一度つまずいたら、ずるずると退いてしまうものはないのだが。それで、ヒトラーが勝利するたびに、さらなる融和策が奨励された。無論、時代は違う。ウラジーミル・プーチンは、アドルフ・ヒトラーでもベニト・ムソリーニでもないが、彼の国内での人気は同じような面の皮の厚さで上昇している。欲求不満に陥っている大衆は、指導者がより多く大言壮語を吐く方を好み、反応するのだ。

 プーチン氏は、最初に、弱体化したジョージア(旧ロシア語名:グルジア)で成功し、その次に、ウクライナで成功した。そこは、何世紀にもわたるロシアの支配からの独立を達成しようとしていた。彼の最も衝撃的な戦略的勝利は、地中海におけるものだった。そこで、彼はロシアの基地をシリアに建設したからである。彼は「地中海に永久的なプレゼンスを確立し、NATO(北大西洋条約機構)による軍事的包囲網や、経済的制裁および政治的孤立から抜け出すこと」によって、ソ連時代以後に米国が欧州を支配していることに挑戦したのである。

 ダマスカスのバッシャール・アサド政権に対するロシアの断固とした航空支援は、シリアの対テロ戦争とはまったく関係のない武器を使って、再建されたロシアの基地を守ることを目的としたものである。ロシアの長距離航空機は今や、NATOの南側の全域で作戦行動が取れる。最新式偵察機を保有しているが、これは、長距離防空および精密照準爆撃部隊で、信頼できる諜報(ちょうほう)機関によれば、これにはバッシャール・アサドに最新式防空システムを提供する高性能対艦巡航ミサイルが含まれるということだ。このことは、トルコとNATOにとっては一大事である。

 露大統領にとっては、今が、縮小され、疲弊した米軍にさらなるプレシャーをかける絶好のチャンスである。米国は、中東で必要とされている軍事資源を、中国が急速に軍事プレゼンスを拡大している日本海や南シナ海に再配備することが、求められることになろう。自称「イスラム国」と結託しているテロリストを追い掛けることは拒絶して、プーチン氏はNATOに戦いを挑んだのだ。彼の成功のレベルは大変なものだったので、ドナルド・トランプ氏は、(訳注:プーチン氏がトランプ氏を評価し、トランプ氏も、プーチン氏を褒めるなどした、と伝えられ)彼に交渉の手を差し伸べたことに言及している始末である。

 オバマの対テロ戦略は、敵を交渉のテーブルに着かせ、譲歩してもらうことを期待して、敵に対して太っ腹なところを示す政策に頼り続けているだけである。対イスラムのテロリストにせよ、対プーチン氏にせよ、彼の戦略が効いた証拠は皆無である。大方の推測では、バラク・オバマのテヘランのムッラー(イスラムの宗教的指導者)らとの交渉は、西側諸国にとってのさらなる脅威を招き、また、取引の一部としてイランの凍結資産を解除することは、ムッラーらが、何の束縛もなく世界一のテロの脅威となること許すことになろう。オバマ大統領が自身の戦略に頑なに従おうという決意は、必然的に、地中海におけるロシアの拡大を加速し、新たな冷戦到来の認識を強めるものである。

(2月25日付)

◆   ◇   ◆

Vladimir Putin’s challenge to America and its allies in the Middle East and Central Europe, a challenge he made despite his fragile domestic economy, is nevertheless working. He’s leading boldly from the front, not from behind. The skidding price of gas and oil, Russia’s major export, and the limited sanctions imposed by the United States and its allies have inflicted shortages and inflation at home, but Mr. Putin is sending the challenge, anyway.

Like the fascist dictators of the 1930s, who were bluffing in the beginning, the Russian president is working a bluff, too. Hitler, as history has revealed, was secretly willing in encounter after encounter with France and the Western alliance, to back off if France or its allies barked back. None did.

Nothing succeeds like success – or recedes when confronted – and each of Hitler’s victories encouraged further appeasement. These are different times, of course, and Vladimir Putin is neither Adolf Hitler nor Benito Mussolini, but Mr. Putin’s popularity at home is fed by similar effrontery. Frustrated masses respond to a leader who leads, and sometimes the louder the better.

Mr. Putin succeeded first in weakened Georgia, then in Ukraine, which was trying to establish independence after centuries of Russian domination. His most striking strategic triumph has been in the Mediterranean, where he has established a Russian base in Syria. He has challenged the post-Soviet U.S. domination of Europe by “establishing a permanent presence in the Mediterranean, breaking out from a military encirclement by NATO, economic sanctions and political isolation.”

The ruthless Russian air support of the Bashar Assad regime in Damascus is the cover for the reestablished Russian bases, with weapons that have nothing to do with a war against Syrian terrorism. Long-range Russian aircraft can now operate all along NATO’s southern flank. With advanced surveillance aircraft, this is a long-range air-defense and precision-strike force, including, according to reliable intelligence agencies, a highly capable anti-ship cruise missile to give Bashar Assad an advanced air defense system. This is a challenge to Turkey and NATO.

The Russian president now has the opportunity to put additional pressure on a diminished and overworked American military. The United States will be required to redeploy resources needed in the Middle East to the Sea of Japan and the South China Sea, where China is rapidly expanding its military presence. By refusing to go after the terrorists allied to the self-proclaimed Islamic state, Mr. Putin has challenged NATO. His success has reached such proportions that Donald Trump talks of extending him a negotiating hand.

The Obama counter-strategy has been a continued reliance on a policy of open-handedness to enemies in hopes of attracting them to the negotiating table and compromise. There is no evidence, either with the Islamic terrorists or Mr. Putin, that his strategy is working. By most accounts Barack Obama’s deal with the mullahs in Tehran will be a further threat to the West, and releasing Iranian assets as part of the bargain frees the mullahs to be the greatest terror threat in the world. President Obama’s dogged determination to follow his strategy will inevitably speed the Russian expansion in the Mediterranean, encouraging the perception of a new cold war.

February 25, 2016