世界日報 Web版

露大統領を咎めた英公聴会


中澤 孝之

リトビネンコ氏暗殺で

日本対外文化協会理事 中澤 孝之

 元ロシア連邦保安庁(FSB)要員、リトビネンコの暗殺事件に関する「リトビネンコ公聴会」議長サー・ロバート(・オーウェン)判事の報告書が1月21日にロンドンで公表された。筆者は2006年11月1日以来この事件に注目し、死因審問および公聴会設置とその合計34日の公開ヒアリング(証人は62人)などを追い続けた。発表当日、公聴会事務局からA4版328㌻の報告書をダウンロードし印刷した。22日の主要邦字紙朝刊は報告書発表を伝えた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ