世界日報 Web版

ゴルバチョフ氏の新回想録


中澤 孝之

ウクライナ情勢を憂慮

日本対外文化協会理事 中澤 孝之

 ノーベル平和賞受賞(1990年)のミハイル・ゴルバチョフ氏(1931~)は、91年末のソ連解体直後に大統領職を辞した。その後、設立した「ゴルバチョフ財団」を基盤にして執筆や講演をこなしてきた。国際「緑の十字」会長として国際環境保護活動も積極的に展開、近年は病気がちながら各国を飛び回っている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ