世界日報 Web版

ロシアの孤立浮き彫りになったG20


700

ウクライナ問題で欧米から冷遇

 オーストラリア・ブリスベンで15、16の両日に行われたG20(20カ国・地域)首脳会合に出席したロシアのプーチン大統領は、ウクライナ問題で各国首脳から批判を受ける中、首脳会合の日程終了を待たずに途中帰国した。ロシアは中国、インドなど新興5カ国(BRICS)首脳からも支持を得ることができず、孤立の度合いを深めている。(モスクワ支局)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ