世界日報 Web版

“被害妄想”のロシア新安保戦略


中澤 孝之

日本対外文化協会理事 中澤 孝之

 プーチン・ロシア大統領は7月2日、軍事や外交、内政の指針となる新たな「国家安全保障戦略(以下・安保戦略)」を承認した。安保戦略は6年ごとに改訂されるもので、今回の安保戦略文書は2015年安保戦略の改訂版である。

 新安保戦略は、近年のロシアと米欧との関係悪化を背景に、米欧を「脅威」と位置付けし、「ロシア封じ込めを目的とした政策」に対抗するため、主権や領土の一体性の強化、国防、内政干渉阻止が「死活的に重要」などと主張する内容になっている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ