世界日報 Web版

新たな欧米制裁警戒する露政府


プーチン大統領

 国民の間で楽観主義が増加している―。クレムリン寄りのメディアは、全ロシア世論調査センターが10月に行った調査結果をこう分析し報道した。

 10月の調査では、経済の状況について37%が「まずまず」、18%が「良い」、2%が「とても良い」と回答しており、合計すると57%が肯定的な評価を与えたのだ。

 昨年10月の同じ調査では58%が同様に回答していたが、今年初めの調査では50%まで減少していた。だから楽観主義が増加している、という分析になるのだという。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ