世界日報 Web版

ユダヤ教徒のエルサレム聖地入場で衝突


エルサレム旧市街周辺

イスラエルの武力行使を非難 パレスチナ

 エルサレム旧市街にあるイスラム教とユダヤ教、双方の聖地「ハラム・アッシャリーフ(ユダヤ名は「神殿の丘」)」で8月11日、ユダヤ教徒の聖地入場をめぐり、パレスチナ人らイスラム教徒とイスラエル治安部隊との間で激しい衝突が発生した。イスラム教側は、聖地内で参拝者に武力を行使したイスラエル政府に責任があるとして非難した。(エルサレム・森田貴裕)

イスラム指導者が扇動か


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ