世界日報 Web版

トルコ、ロシアから地対空ミサイル導入


ロシアの対空ミサイルシステムS400

ロシアが中東での覇権拡大へ

NATOヘの影響大

 トルコは1952年に、対共産圏同盟としてのNATOに加盟、ソ連の東地中海地域への影響力拡大を防ぐ「防波堤的役割」を担ってきただけに、ロシアはこれを好機とし、トルコを抱え込み、中東での覇権拡大の勢いを増す可能性が高い。NATOは、トルコとの従来の軍事協力を見直さざるを得なくなるとみられる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ