世界日報 Web版

サウジとの付き合い方


 サウジアラビア(以後、サウジ)人のコラムニストで、ブロガーのジャマル・カショギが行方不明になってから、半年が過ぎた。彼は、リヤド政権や王族を彼が批判していたことに我慢し切れなくなっていたサウジ政府内のいずれかの高官の部下に殺害されたと広く信じられている。遺体は見つからず――手足を切断されて、遺体のさまざまな部分はイスタンブール周辺にばらまかれていると信じられているが――真相は不明だ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ