世界日報 Web版

エジプトで最大規模のテロ、イスラム宗派間対立が顕在化


800

 イスラム教対他宗教の対立、スンニ派とシーア派の宗派間闘争が顕在化している。しかし、イスラム指導者の中に、聖典コーランやイスラム法などのイスラム教自体が抱える問題として自覚し、責任を痛感する人物は少なく、西側世界に責任を転嫁することも多い。(カイロ・鈴木眞吉)

カタール、レバノンにも波及


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ