世界日報 Web版

エルサレムのイスラム教聖地に金属探知機


800

対イスラエル抗議が拡大

 エルサレム旧市街にあるイスラム教の聖地ハラム・アッシャリフ(ユダヤ教呼称「神殿の丘」)にイスラエル警察が金属探知機を設置したことにイスラム教徒が反発、反イスラエル抗議行動が拡大している。イスラエル政府は25日、事態の収拾へ探知機を撤去したが、対立が収束するかどうかは不透明だ。(エルサレム・森田貴裕)

ヨルダンなどの要請で撤去も収束は不透明


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ