世界日報 Web版

ロシアに振り回される欧米諸国


800

シリア政府軍、アレッポ制圧

 内戦が続くシリアで、反体制派を支援してきた欧米諸国がロシアに翻弄(ほんろう)され続け、12月12日、ついに敗北した。一時、青息吐息だったシリア政府軍は、ロシア軍に支援されて形勢を逆転、反体制派の拠点都市で、同国最大の商業都市アレッポの奪還に成功した。反体制派は事実上敗北し、戦いは終結した。ロシアは空爆と国連安保理拒否権を乱用、徹底してアサド政権守護を貫いてきたのに対し、米国は批判の声明を発するだけで無為無策に堕してきた。(カイロ・鈴木眞吉)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ