世界日報 Web版

エジプトとトルコの外交摩擦


イスラム内の対立浮き彫り

 エジプト暫定政権は11月23日、トルコのエルドアン首相が同暫定政権を批判したとして、駐エジプト・トルコ大使を追放した。トルコ政府も、駐トルコ・エジプト大使を追放したが、背景には、オバマ米政権の誤った中東情勢分析や、イスラム根本主義組織「ムスリム同胞団」への対応をめぐる混乱があり、イスラム教スンニ派の穏健派と急進派の対立を浮き彫りにした。

(カイロ・鈴木眞吉)

 問題となったエルドアン首相の21日の発言は、モルシ・エジプト前大統領の大統領権限剥奪を「クーデター」と呼び、モルシ氏支持者に対する“弾圧”を「人道問題ドラマ」と表現、批判したもの。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ