世界日報 Web版

空爆開始から1年超 「イスラム国」の勢い衰えず


800

化学兵器使用の可能性も

 米中央軍は8月7日、「有志連合が主導権を握っており、ISは形勢不利だ」と説明したが、AP通信によると、IS戦闘員の数は2~3万人で、空爆開始前から減少しておらず、情報機関関係者は「戦略的な手詰まり状態にある」と指摘した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ