世界日報 Web版

シシ・エジプト大統領、イスラム教義から暴力思想一掃指示


800

外務省報道官「源流は同胞団」

 エジプト人の大多数は、イスラム教スンニ派過激派組織「イスラム国(IS)」や国際テロ組織「アルカイダ」などイスラム過激派諸組織の元締めは、イスラム根本主義組織「ムスリム同胞団」だと考えている。シシ・エジプト大統領はさらに、過激派諸組織がテロを頻発させる原因を、コーランの中にある暴力正当化の言葉を厳密に教義化した「イスラム教義」にあると指摘、過激派諸組織の源流スンニ派の最高権威アズハルに対し、教義の中から暴力思想を一掃する「宗教(イスラム教)改革」を求めた。(カイロ・鈴木眞吉)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ