世界日報 Web版

ガザ戦争にみる国際人道法


小林 宏晨

非対称で正規軍不利に

日本大学名誉教授 小林 宏晨

 イスラエルと急進パレスチナ集団間の戦闘は休戦協定をもって当面終結した。この戦争は自衛とテロの狭間にある。そこでは多数の民間人が巻添えとなり、従って戦時国際法(=国際人道法)の保護対象とされる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ