世界日報 Web版

就活一番人気はハイテクーイスラエルから


地球だより

ハイテク

 イスラエルではハイテク産業が発展しているので、友人や知人にはハイテク関連の会社に勤めている人が多い。話を聞くと、どの会社にも社員が仕事の合間にリフレッシュできる機会が必ず用意されている。

 日常で言えば、カフェテリア(社員食堂)はもちろんのこと、他にも自分で簡単な調理ができるようにキッチンがあり、炊飯器を持ち込んで、昼食時に炊き上がるようにセットしている人もいる。

 どこの会社でも、仕事のプロジェクトチームにレクリエーションの予算があって、定期的に熱気球に乗ったり、スカイダイビングをしたり、ガラス工房に行ってガラス細工を楽しんだりと、さまざまなことにチャレンジしているという。コロナ禍でどこにも出掛けられない時には、社員の家の庭でバーベキューを楽しんだという。週末は家族でホテルに2泊できる会社もあった。

 友人の会社を訪問したら、ヨガや武道ができるスペース、楽器がそろえてあってバンド演奏ができるスタジオ、美術品を作るための工房、ミニシアターまであった。

 もちろん、仕事の締め切りに追われる時も多々あるが、このような活動を通じて社員がさらに意欲的に仕事に取り組めるよう配慮されている。どうりで若者たちはみんなハイテク関連の会社に入りたがるわけだと納得した。

 ハイテクの道に進むためには、学生時代にコンピューターサイエンスや数学で良い成績を収めなければならないが、楽しく仕事ができて給料も良いこの職業は、やはりイスラエルで一番人気だ。

(M)