世界日報 Web版

イラン核関連施設にドローン攻撃、背後にイスラエル関与か


21日、テヘランで、イラン大統領選に当選後、初めて記者会見するライシ次期大統領(AFP時事)

 イランの首都テヘラン郊外カラジにあるイラン原子力庁の核関連施設が6月23日、小型のドローン(無人機)による攻撃を受けた。イランは、攻撃を未然に防ぎ、死傷者や被害はなかったと主張したが、イスラエルのメディアは、ウラン濃縮に必要な遠心分離機の製造施設に大きな被害が生じたと報じた。ここ1年間のイラン核施設などに対する一連の攻撃の多くはイスラエルの破壊工作の可能性が指摘されている。(エルサレム・森田貴裕)

核合意復帰は次回協議以降


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ