世界日報 Web版

イエメン内戦 米、サウジへの軍事支援を停止


イエメン西部ホデイダで、火災で焼け落ちた避難民の収容施設=2月16日(AFP時事)

フーシ派の攻撃が激化

 米国は、イエメンの武装組織フーシ派のテロ組織指定を解除、サウジへの軍事支援を停止した。一方、イエメンの首都と北部の大部分を支配しているフーシ派による暫定政府やサウジへの越境攻撃が激化、国連世界食糧計画(WFP)は「今世紀最悪の飢餓に直面することになる」と警告した。(エルサレム・森田貴裕)

国連は深刻な飢餓警告


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ