世界日報 Web版

イスラエルとスーダン 正常化で合意


パレスチナ自治区のガザ地区ラファで10月24日、イスラエルとスーダンの国交正常化合意に抗議する人々(UPI)

パレスチナは反発し孤立

 トランプ米大統領は10月23日、米仲介によりイスラエルとスーダンが国交正常化に合意したと発表し、9月のアラブ首長国連邦(UAE)、バーレーンに続き、スーダンがイスラエルと国交を樹立することで中東和平が前進すると歓迎した。一方、パレスチナは強く反発し、孤立化が進んでいる。(エルサレム・森田貴裕)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ