世界日報 Web版

イスラエル 、コロナ危機で政局一変


ガンツ元軍参謀総長

 政局の混乱が長期化するイスラエルで、最大野党「青と白」を率いるガンツ元軍参謀総長が、これまで拒否し続けてきたネタニヤフ政権との連立交渉に踏み切った。新型コロナウイルスの感染拡大に挙国一致で対応するためだ。コロナ危機という国難を迎えることで、政局は大連立政権の樹立へ向けて舵(かじ)が切られた。(エルサレム・森田貴裕)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ