世界日報 Web版

イスラエル総選挙、ネタニヤフ氏支持派過半数ならず


ネタニヤフ首相

連立協議は難航か

 1年間で3度目となるイスラエル総選挙(国会定数120)が2日に実施された。ネタニヤフ首相が率いる与党の右派リクードが首位に立ったものの、首相支持派の右派・宗教勢力の獲得議席は過半数を確保できておらず、次期政権樹立に向けた連立協議は難航が予想される。今回もまた連立協議が不調に終われば、4度目の選挙に向かうという異常事態となる。(エルサレム・森田貴裕)

ガンツ氏に組閣要請も


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ