世界日報 Web版

シリア内戦が終結間近か


300

 シリア政府軍は昨年12月から、反体制派の最後の拠点イドリブ県への空爆を強化した。この期間に発生した難民は100万人を超えた。内戦終結が間近との見方も出始めている。(カイロ・鈴木眞吉)

 シリア政府軍は1月28日、同県第2の都市マアラトマヌン市を、2月8日、戦略的要衝サラケブを反体制派から奪還した。2月10日には、首都ダマスカスとイドリブ県、北部の商都アレッポを結び、南部ダルアー県からヨルダンにもつながる幹線道路「M5」を2012年以来初めて完全制圧した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ