世界日報 Web版

ICCが「戦争犯罪」正式捜査へ


800

 国際刑事裁判所(ICC、本部オランダ・ハーグ)のベンスダ主任検察官は20日、イスラエルの占領下にあるパレスチナ自治区で、戦争犯罪が行われている可能性があるとして、正式に捜査を開始する方針を示した。ICCの決定を受けパレスチナ側は「歴史的な日だ」として歓迎している。一方、イスラエルのネタニヤフ首相は「不条理な」決定と非難し、猛反発している。(エルサレム・森田貴裕)

米国は捜査に「断固反対」


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ