世界日報 Web版

韓国・文在寅政権の狙い 「65年協定体制」の転換図る


「積弊清算」は新日韓関係の構築

 日韓間の問題を解決しようとするとき、韓国は「ゴールポストを動かし」て、さらに異なる所へ妥結点を変えて行く。いったい何を目指しているのか。最近の厳しい衝突の中で、韓国側の狙いが少しずつ分かってきた。文在寅政権が進める「積弊清算」とは、つまり“戦後日韓関係の清算”であり“新日韓関係の構築”なのだと。

 中央日報社が出す総合月刊誌月刊中央(9月号)が「韓日関係特集」を組んでいる。「変化要求に直面する“65年協定体制”」の記事がそのことを詳しく分析している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ