世界日報 Web版

文政権下「敵が消えた気分」  ボクシング元世界王者の嘆き


洪秀煥氏

何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路(1)

 北朝鮮に対し過度な融和路線を進め、日韓歴史問題で両国合意を事実上反故(ほご)にする韓国の文在寅政権は国内外から不審の目を向けられている。なぜそうした政策を続けるのか。韓国はどこへ向かおうとしているのか。現状報告する。(ソウル・上田勇実)

激減した安保講演依頼


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ