世界日報 Web版

韓国・文政権、米中の狭間で「反中色」自制


トランプ米大統領(右)文在寅大統領

 ハリス駐韓米国大使は今月上旬、ソウル市内で開催されたIT(通信技術)関連の会議で、韓国IT企業に対し低価格攻勢で国内通信機器市場でシェアを伸ばす中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の製品を使用しないよう促した。

 「短期的費用節減に気持ちが傾くだろうが、信頼できないサプライヤーを選べば長期的なリスクと費用の負担は極めて大きくならざるを得ない」


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ