世界日報 Web版

存在感増す反北組織「自由朝鮮」


金ハンソル氏

 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄で2017年にマレーシアで殺害された金正男氏の長男、金ハンソル氏の身柄を保護したとされる反北組織「自由朝鮮」が金正恩体制の崩壊を目指すと宣言し、関心を集めている。北朝鮮大使館を襲撃するなど行動力が伴う点から既存の脱北者団体とはレベルが異なるとの見方も出ている。(ソウル・上田勇実)

 「金正恩氏は体制のアキレス腱を突かれたため、かなり気分を害しているはず」


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ