世界日報 Web版

韓国また「反日」に旋回か、来月「慰安婦の日」制定


慰安婦像

 女性家族省によると、韓国政府は「光復節」(日本統治からの解放日)の前日である来月14日、中部の天安(忠清南道)にある国立墓地「望郷の丘」で「慰安婦の日」制定の記念式典を行う。現在、27人生存する元慰安婦のうち比較的、健康状態が良好な数人が参加する見通しで、追悼碑の除幕式も行われるという。

 この日は1991年、元慰安婦として金学順氏が初めて名乗り出て証言をした日。「慰安婦の日」は今後、国の法定記念日として毎年行事が行われ、これまで歴代大統領が日本批判の演説をしてきた「光復節」式典と併わせ、政府が2日連続で「反日」色の濃い行事を主催することになる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ