世界日報 Web版

韓国・文大統領、外交にも国内政治の論理


マティス氏(左)と文在寅氏

 4大使は駐日大使の李洙勲(イ・スフン)・前慶南大学教授、駐米大使の趙潤済(チョ・ユンジェ)・前西江大学教授、駐中大使の盧英敏(ノ・ヨンミン)・前「共に民主党」議員、駐露大使の禹潤根(ウ・ユングン)・元国会事務総長。

 韓国は地政学的にこの4カ国に囲まれ、歴史的にこれら諸国の進攻や統治を受けたり、戦争で敵味方になってきた。また現在は北朝鮮の核開発や韓半島統一などの問題を抱え、これらをめぐり利害がぶつかる4カ国の狭間(はざま)に立たされている。韓国にとって4カ国外交は国の命運を左右すると言っても過言ではない。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ