世界日報 Web版

米朝が対話模索?強い警戒感も


トランプ氏

 先月末訪中したティラーソン米国務長官は習近平国家主席と会談した後、「(北朝鮮側の対話意思を)見極めているので見守ってほしい。われわれは北朝鮮と2、3個程度のチャンネルを持っている」と述べ、北朝鮮が国連代表部を置くニューヨークなどで非公式に接触していることを示唆した。

 今年1月のトランプ大統領就任後、北朝鮮による核・ミサイルの脅威がエスカレートし続けていた中で、米政府が北朝鮮との対話に言及するのはこれが初めてだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ