世界日報 Web版

米の「北先制攻撃」に沈黙、韓国大統領選の有力左派2候補


499

 米国によるシリア攻撃のニュースは、韓国にとり「対岸の火事」では済まされない衝撃をもって受け止められた。ティラーソン米国務長官はABCテレビの番組で攻撃には北朝鮮への警告の意味が込められていたと述べた。昨年から核実験、各種弾道ミサイル発射で武力挑発をエスカレートさせ、米本土を射程に置く大陸間弾道ミサイル(ICBM)の開発に邁進(まいしん)している北朝鮮をどうにかしなければという外交懸案上の優先順位は確実に上がってる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ